また会う日まで。 When I will see you again in future.

今日は春の天気。
Today is spring weather.

ポカポカ天気で、島ライフエンジョイ中。
It's getting warm, I enjoy life of island. 


今日もたくさんの人々が、旅立ちする人々を見送りに来てます。
Many people come to seeing teachers off, depature of new life. 



町にはできない。
It's not feel like it in the city. 

島と人とのつながり。
Strong connectin with island and people. 

先生がボロボロ泣きながら、また会う日までさようならーって
Teachers was crying, everybody shouted see you when we will see you in future. 



私もとても感激しました。
I was impressive. 

紙テープのカーテン、太鼓や旗、校歌をみんなで歌い。
It's seeing teachers off traditional way for using paper streamer, Japanese drum, sing school song and junp off the sea. 


15年ぶりに、私も母校の校歌を歌いました。
I was sing our school song for the first year in fifteen yeas

覚えてるもんですね。
Surprising I was remember it. 

旅立ちの時。

Time to depature of new life. 

船の汽笛が鳴り響きます。
Ferry horn was echo throughout the
Ojika island. 

子供達は海へとダイブが始まります。
Many students started underwater dive to sea. 



イケー Go. 

島魂や
Sprite of island. 

みんな一生懸命見えなくなるまで手を振ってました。
Everybody waved teachers see you again. 

またね!
See you. 

サヨナラ、バイバイと言わない。
I never said good bye. 

また会うからね。
I will see you again. 


いいね、長崎県の小さな島
Such a nice island in Nagasaki. 

小値賀島!
Ojika island. 

あちゃー、投げ忘れたばい。
Oh my budda, I forgot throw it. 


It's very cold