お正月だ!しめ縄&門松のセッティングが終了

こんばんは!

ブルブルと冷えた

やっと冬が到来した

長崎県五島列島小値賀(おぢか)島から

2015年も残り4日ですよ!

昨日から素泊まりだけの島宿御縁

ペコリ

みんなで充電中です。

2016年は1月7日からお食事は再開します!

パワーアップして戻ってきますからね!

そして

昨日からは島宿御縁大掃除週間に

昨日は外をピカピカに

今日はキッチン&倉庫をピカピカに約5時間

素晴らしい

整理整頓、清潔、これが美味しいお料理をするにも大切です。

明日はメインの吹き抜けダイニングをピカピカにします。

午後にはしめ縄&門松のセッティングが終了

全て手作り

愛がこもってます。

Wikipedia先生から 

門松は、今でこそお正月に飾るものとして知られていますが、
元々は名家を訪れる歳神(としがみ)の依代(よりしろ)
として飾られていました。
要するに、下界に降りてきた神様への、
目標物として飾られていたのが起源です。
この降りてくる歳神を、
別名で「お正月さま」、「若年さま」、「歳徳神」
などと呼ばれ、お正月に家々に迎え入れられていました。
その風習が、現代にも残っていて、
門松を家の入り口に飾っているわけです。
門松に用いられている「松」ですが、
”永久”のシンボルとされ、
一家の繁栄を願う意味が込められているとされています。

しめ縄の由来と意味は?

新しい”わら”を使った飾りで、
神様を迎える神聖な場所を示しています。
天の岩戸に隠れた天照大神(あまてらすおおみかみ)を、
岩戸から連れ出す時に用いられたのが、
しめ縄の始まりとされています。
しめ縄に一緒に飾るものとして、
橙(だいだい)がありますが、
これは「家が代々反映するように」との願いが込められています。
裏白(うらじろ)には、
「後ろ暗いことがない」
昆布には、「よろこんぶ」といった、
一家全体の幸せを願う意味が込められています。

門松としめ縄 いつ飾っていつ取り外すのがいい?

お正月に向けて、前もって飾るわけですが、
飾る日は、12月28日か、30日が良いと言われています。
29日は、「二重苦」「苦立て」と言われて嫌われており、
31日は、「一夜飾り」と言われ、
神様を迎えるのに一夜で飾るのは失礼だとして嫌われています。
取り外す日は、「松の内」と呼ばれる、
神様が依代に宿っている期間を過ぎた、
7日以降に取り外します。
地方によっては、11日だったり、15日だったりします。
こうして、一年の初めを神様と一緒に過ごすことで、
感謝と、今年一年の無事と家族の幸せを願うのが、
お正月の本来の風習です。
最近はあまり飾っているのを見なくなりましたが、
こういった日本古来の風習の意味や由来を、
しっかりと後世に伝えていきたいですね。

Have a nice day!


日本っていいね!!!!!

We Love Japan